LINEで送る

集めるのではなく 集まる集客を科学式にする!

 今日も<実践につながるマーケティング情報>をお伝えします!

girl-63643_640

USPはお客様への究極の約束

その約束が明確で、魅力的であればあるほど、

お客様に『一瞬で選ばれる理由』となります。

ただ、USPを考えたけれど、

「選ばれている実感がない」と

 感じたことはありませんか?

そのUSPには、一体何が欠けているのでしょうか?

原因として考えられるのは、「独自性」が欠けていることです。

響きが良いだけでは、USPは機能しません。

独自性がUSPを強くするのです。

イタリアンレストランの場合を考えてみましょう。

A店のUSPが、

「自家製生パスタを使っています!」だった場合。

自家製生パスタに魅力を感じるお客さんに選ばれます。

究極の約束をしているので、USPとは言えますが…

あなたはA店を選びますか?

おそらく、決め手にはならないでしょう。

なぜかと言うと、独自性に欠けているからです。

他にも自家製生パスタを出すレストランはたくさんあるので、

他の店でもOKになってしまうのです。

では、B店がこのようなUSPを打ち出したらどうでしょう?

「当店は、大阪で一番美味しいカルボナーラをお出しします。」

B店はお客様に究極の約束をしたのです。

大阪で一番美味しいカルボナーラを提供すると!

このUSPは、美味しいカルボナーラを食べたい

お客さんの心を一瞬で射抜きます。

「一番美味しいって、どんだけ美味しいの!?」と

好奇心をかき立てます。

B店が、しっかりとこの約束を守り続けていけば、

「大阪でカルボナーラと言えばB店!」

こうした明確なポジションが獲得できます。

独自性がUSPを強くする!

心に留めておきましょう。

お知らせコーナー

The following two tabs change content below.

アラヤ ノブトシ

C&Pプロデューサー・アラヤ ノブトシ 《強いコンセプト》×《魅せるパッケージ》でシンプルに売れる企画をつくります。 プロデュースは最短120分からできます。