LINEで送る

企業の存在理由ってとても大切ですよね。

スターバックスなら「第三の場所を提供する」がそれ。

存在理由が明確で、その存在理由が世間に受け入れられるものなら、

企業は存続していく。

そういうこと。

ただ、この当たり前には前々から違和感があった。

こないだとある勉強会に参加したことで、考え方がクリアになったので、ちょいとシェアしたいと思います。

「仕事をいらなくする」ことを考える

その勉強会には、政界の方や、医師、弁護士、2代目社長、教師、大工、飲食店経営…と様々な方が参加していました。

その中で出てきた話題が面白かった。

 

「仕事をいらなくする」ことを考えましょう。

社会の弊害は、「仕事を残そうとすること」が原因な場合が多い。

官僚の天下りもそうだし、医療分野もそう。

新薬が必要とされるように、新しい病気が生み出されたりもする。

本来目指すべきは、「病気がなくなり、医者も薬もいらなくなること」

そこに向かって動くことが、本当の仕事ではないか?

困りごとの解決にお金を払う。

それがビジネス。

そのため、ビジネスが存続するには、困りごとも存続しないといけない。

???

考えてみると、これって不思議な関係性ですよね。

弁護士が必要なのは、仲裁すべき争いがあるから。

医者が必要なのは、治すべき病気があるから。

それぞれ、大切な仕事ではありますが…

最も素晴らしいのは、争いや病気がない世の中。

そのために動こうよ。

これって、仕事の真理だと思います。

WEBの世界に当てはめると…

これは、自身の業界に置き換えて考えるべきテーマです。

例えば、WEBの世界なら…

これまでの業界の常識は、「ホームページを作るには費用がかかる」でした。

専門性を持ったホームページ屋が、数十万円の制作費で請け負っていた。

困りごとは「自分では作れない」

この困りごとを消し去ったのが、

ペライチやwixといった、無料ホームページ作成サービス。

操作がシンプルで、非常に便利。

僕もサクサクサイトを自作しています。

children-593313_640-2

このサービスが広がると…

ホームページ屋は困るかもしれない。

けれど、世の中の人は、より気軽にホームページを持つことができます。

仕事をなくす発想が、ヒットビジネスになるんです。

起業コンサルは「なくなれば良い仕事」

この視点で考えると、新しい発想が湧いてきますね。

例えば、「起業のコンサル」なんて、僕はいらなくなれば良いと思ってます。

だって…

50〜100万円ものお金をかけて起業コンサルに参加しないと起業できない!って、

おかしくありませんか?

 

参加する人の困りごとって、

「これまでサラリーマンだったけど、独立したい。」

「そのための、ノウハウを学びたい。」

ですよね。

 

でも、必要なノウハウって、本やセミナーや、

起業家の先輩と話すことで集められる。

高め合える環境が欲しくて参加するパターンもあると思うけど、

その参加費に100万円も要りますか?

100万円を初期費用に充てれば、起業できちゃいますよね。

もしも、起業コンサルを無くすことを考えたら…

・必要なノウハウをひとまとめにしたオンラインコンテンツ

・企画づくりのお手伝いをしてくれる人

・スタートアップ時のモニターが在籍するコミュニティ

(企画のトライ&エラーができる環境)

・起業に必要な行政サービスを一手に引き受けてくれる人

があれば良い。

コンテンツの企画づくりは、数ヶ月もいらないですよね。

1〜2回のミーティングで試作をつくり、

あとは、テストを繰り返して質を上げる。

これが、効率的にできれば良いと思う。

やはり、「なくすにはどうする?」という目線で考えることで、

新しいビジネスの発想が生まれますね。

ちなみに、

僕は現在、集客コンサルの必要性が薄れるコンテンツを企画中です。

月々3000円ぐらいで利用できるカタチに持っていくべく進めています。

進んできたら告知させてもらいますね。

 

 

お知らせコーナー

The following two tabs change content below.

アラヤ ノブトシ

C&Pプロデューサー・アラヤ ノブトシ 《強いコンセプト》×《魅せるパッケージ》でシンプルに売れる企画をつくります。 プロデュースは最短120分からできます。