LINEで送る

美味しいですよね。

つけ麺って。

寒いこの季節は、麺を食べた後にスープ割りでしめると幸せな気持ちに…

ちなみに、皆さんはラーメン派ですか?つけ麺派ですか?

僕は…正直ラーメン派です。

なぜなら…つけ麺にはある欠点があるからです!

IMG_0451

 

つけ麺とビールの共通の困りごと

つけ麺の欠点。

実はビールと共通しています。

ズバリ!

一口目が一番美味しくて、徐々に美味しさが落ちる点

経験ありませんか?

一口目、うぉぉ!うんめぇぇぇ!!と感動したのに、

食べ進めるにつれてスープはぬるくなり、味は薄くなり…

味の変化もないので飽きてしまった。

玉ねぎや辛味噌等、薬味はあっても、味の変わらなさはどうしようもない。。

最後は大盛りにしたことを悔やみながら、やっつけで食べきる。

まさに、昨日やらかしました!!

ビールも同じで、一口目が一番美味しいけれど…

一杯目を飲み干したころには、二杯目は他のが飲みたくなる。

飲みの席なら料理があるし、他の選択肢があるのでまだましですが、

徐々に美味しさが落ちるという点では、共通の欠点です。

これは、客が感じているなら、当然店主も自覚している欠点なはずです。

が、いまだに未解決。

とすると…こういう時は企画の4Rメソッド・問題解決法の出番です。

未解決のまま放置されていることを「解決すべき問題」ととらえ、

解決策=新しい企画となる。

これが問題解決法。

今回、解決すべき課題はこちら!

「つけ麺を最後まで美味しく食べきれるようにするには?」

どんな企画が可能でしょう?

課題の設定を間違えるな!

ところで、今回のテーマは意外とトリッキーです。

課題設定を少しでも誤ると…、

「課題は解決したけどお客様満足度は変わらない」という結果になりかねない。

例えば、

「つけ麺のつけ汁を最後まで熱々の状態で提供するには?」

これも、課題と言えば課題です。

が、解決してもお客様満足度はあまり変化しない課題です。

だって、お客様の本当の困りごとは、

「つけ麺は徐々に美味しさが下がっていく」

「徐々にぬるくなること」が要因の一つではあるけれど、

他にも、「味がだんだん薄くなる」「味の変化がない」

こうした要因がある。

それなのに、温度にだけ注目して解決策を考えても、お客様は喜んではくれないのです。

実際、僕はこれまでに

「途中で焼き石を入れてくれる店」や

「石焼ビビンバみたいな熱々で冷めにくい器で提供してくれる店」に入ったことはあります。

冷めないことは嬉しかった。

ただ、味が薄くなるのは避けられず、残念な思いは変わりませんでした。

「つけ麺のつけ汁を最後まで熱々の状態で提供するには?」

これは、精度の低い課題。

問題解決法のコツは、

真に困っているポイントを見つけ出すこと!

とらえた課題の精度=企画の精度なのですね。

今回お伝えした内容について、この参考図書をオススメします。

イシューからはじめよ

この本を読むと、課題設定がいかに大切かがわかります。

ちなみに、今回のテーマの企画化は次回の記事でやります!

「つけ麺を最後まで美味しく食べきれるようにするには?」

あなたはどんな企画を考えますか?

お知らせコーナー

The following two tabs change content below.

アラヤ ノブトシ

C&Pプロデューサー・アラヤ ノブトシ 《強いコンセプト》×《魅せるパッケージ》でシンプルに売れる企画をつくります。 プロデュースは最短120分からできます。